ISAN2017 SCIENTIFIC PROGRAM (Japanese)

 日程表(予定)

※以下のプログラムは英語のプログラムを日本語訳したものになります。
※セッションは英語となります。

第1日: 8月30日(水曜日)

午前

プレナリーレクチャー

Irving Zucker(University of Nebraska)

シンポジウム

多系統萎縮における自律神経系変性の新しい見識

Chairs: Tetsutaro Ozawa
Masato Asahina

健康と疾病における循環呼吸調節

Chairs: Thomas Dick
Yoshitaka Oku

痛みと自律神経系の相互作用

Chairs: Harumi Hotta
Mathieu Piché

午後

シンポジウム

パーキンソン病における自律神経障害の最近の進歩

Chairs: Hisayoshi Oka
Hirohisa Watanabe

循環呼吸調節におけるグリア細胞の関与

Chairs: Yasumasa Okada
Jouji Horiuchi

東洋医学と自律神経系

Chairs: Sae Uchida
Hiromi Yamamoto

自律神経シヌクレイノパチーにおけるカテコールアミン作動性神経の消失

Chair: David S. Goldstein

自律神経系を標的にして炎症性疾患を緩和する

Chairs: Bruno Bonaz
Yvette Taché

神経泌尿器と自律神経系:自律神経膀胱障害の多様性

Chairs: Ryuji Sakakibara
Tatsuya Yamamoto

第2日:8月31日(木曜日)

午前

プレナリーレクチャー

Makoto Tominaga(Okazaki Institute for Integrative Bioscience)

シンポジウム

自律神経系および抗ストレス活動を増強するためのオキシトシンの効果に関する基礎的および臨床的洞察

Chairs: Yoshiyuki Kuroiwa
Kevin Shoemaker

心血管疾患の迷走神経調節-臨床応用につながらない?

Chairs: Alexander Gourine
Susan Deuchars

午後

シンポジウム

脳レニン - アンジオテンシン - アルドステロン系の新たな知見と心血管疾患における重要な役割

Chairs: Frans Leenen
Yumei Feng

疾患における神経内臓リモデリング ―ニューロモデュレーション治療へのトランスレーションの可能性

Chair: Jeffrey L. Ardell

運動中の自律循環調節の最近の進展

Chairs: Erin Howden
Justin Lawley

圧受容器反射のゲインとセットポイントの起源を特定する

Chair: Robin M. McAllen

第3日:9月1日(金曜日)

午前

プレナリーレクチャー

Edith Hamel(McGill University)

シンポジウム

ヒト自律神経性心血管調節の評価:古い質問に答えるための新しいアプローチ

Chair: Can Ozan Tan

ストレスイベントに対する自律神経生理学的応答を制御する中枢回路

Chairs: Youichirou Ootsuka
Rodrigo Alvim Cunha de Menezes

午後

シンポジウム

健康と疾病におけるヒト脳血管調節の生理学的メカニズム:総合的な視点

Chairs: J. Andrew Taylor
Can Ozan Tan

新しい技術により自律機能を明らかにするチャレンジ

Chairs: Yoichi Ueta
Hironobu Morita

片頭痛および三叉神経自律神経系(TAC)における自律神経系障害

Chairs: Nobuo Araki
Hisanori Kowa

神経―免疫生理と病態生理

Chairs: Makoto Kadowaki
Wouter de Jonge

夕刻

ポスター発表

第4日:9月2日(土曜日)

午前

プレナリーレクチャー

Shaun Morrison(Oregon Health and Science University)

シンポジウム

末梢セロトニン作動性受容体およびプリン作動性受容体の役割

Chairs: Miyako Takaki
Gary M. Mawe

認知症における自律神経機能障害

Chairs: Hitoshi Shimada
Shigeki Hirano

午後

シンポジウム

感染時の発熱、神経性発熱、心因性発熱:どう違うか?

Chair: Kazuhiro Nakamura

睡眠関連障害における自律神経機能不全

Chairs: Yuichi Inoue
Keisuke Suzuki