ISAN2017・JSNR2017 SCIENTIFIC PROGRAM (Japanese)

 日程表(確定)

 プログラム(オーラルセッション)

 プログラム(ポスターセッション)

※以下のプログラムは英語のプログラムを日本語訳したものになります。
※セッションは英語となります。

第1日:8月30日(水曜日)

9:00-10:00 ISAN2017 プレナリーレクチャー1
Irving Zucker (University of Nebraska)
10:10-12:10 ISAN2017 シンポジウム1
多系統萎縮における自律神経系変性の新しい見識
Chairs: Tetsutaro Ozawa
Masato Asahina
10:10-12:10 ISAN2017 シンポジウム2
健康と疾病における循環呼吸調節
Chairs: Thomas Dick
Yoshitaka Oku
10:10-12:10 ISAN2017 シンポジウム3
睡眠関連障害における自律神経機能不全
Chairs: Yuichi Inoue
Keisuke Suzuki
12:20-13:20 ISAN2017/JSNR2017 ランチョンセミナー1 共催:日本メジフィジックス株式会社
Chair: 鈴木 正彦

レビー小体病診断における神経核医学検査の役割
石井 賢二

13:30-15:30 ISAN2017 シンポジウム4
パーキンソン病における自律神経障害の最近の進歩
Chairs: Hisayoshi Oka
Hirohisa Watanabe
13:30-15:30 ISAN2017 シンポジウム5
循環呼吸調節におけるグリア細胞の関与
Chairs: Yasumasa Okada
Jouji Horiuchi
13:30-15:30 ISAN2017 シンポジウム6
東洋医学と自律神経系
Chairs: Sae Uchida
Hiromi Yamamoto
16:00-18:00 ISAN2017 シンポジウム7
自律神経シヌクレイノパチーにおけるカテコールアミン作動性神経の消失
Chair: David S. Goldstein
16:00-18:00 ISAN2017 シンポジウム8
自律神経系を標的にして炎症性疾患を緩和する
Chairs: Bruno Bonaz
Yvette Tach é
16:00-18:00 ISAN2017 シンポジウム9
神経泌尿器と自律神経系:自律神経膀胱障害の多様性
Chairs: Ryuji Sakakibara
Tatsuya Yamamoto

第2日:8月31日(木曜日)

8:30-9:30 ISAN2017 プレナリーレクチャー2
Makoto Tominaga (Okazaki Institute for Integrative Bioscience)
9:40-11:40 ISAN2017 シンポジウム10 共催:株式会社ツムラ
自律神経系および抗ストレス活動を増強するためのオキシトシンの効果に関する基礎的および臨床的洞察
Chairs: Yoshiyuki Kuroiwa
Kevin Shoemaker
9:40-11:40 ISAN2017 シンポジウム11
Hot topics
9:40-11:40 JSNR2017 シンポジウム1
鍼・マッサージ,温熱刺激の効果とその科学的根拠
Chairs: 黒澤 美枝子
堀田 晴美

  1. 鍼灸刺激と触刺激の末梢受容機序とその臨床における役割
    川喜田 健司
  2. 膀胱排尿収縮の皮膚由来の神経性調節制御における加齢変化
    堀田 晴美
  3. ラット側坐核並びに扁桃体中心核での神経伝達物質放出におよぼす体性感覚刺激の影響
    黒澤 美枝子
  4. 顔面に対する快適治療方法の科学的根拠-眼瞼痙攣に対するボツリヌス毒素療法と眼の疲労に対する眼周囲温熱療法について
    原 直人
9:40-11:40 JSNR2017 シンポジウム2(日本語セッション)
発性全身性後天性無汗症
Chairs: 中里 良彦
戸倉 新樹

  1. 特発性純粋発汗不全症の臨床的特徴
    中里 良彦
  2. AIGAとコリン性蕁麻疹
    戸倉 新樹
  3. AIGA患者における抗ムスカリン型アセチルコリンレセプター抗体の検討
    佐野 健司
  4. 熱帯性無汗性無力症―特発性全身性後天性無汗症の早期の記述―
    田村 直俊
9:40-10:25 JSNR2017  一般演題1(日本語セッション)
中枢神経1
Chair: 長谷川 康博

  1. パーキンソン病における自律神経症状と臨床徴候との関連:SCOPA-AUT日本語版を用いた検討
    松原 健朗
  2. パーキンソン病におけるドパミン・トランスポーター画像Dopamine transporter(DAT)scanとウロダイナミクスの検討
    舘野 冬樹
  3. レヴィー小体型認知症の消化管運障害:パーキンソン病との比較
    榊原 隆次
10:40-11:25 JSNR2017  一般演題2(日本語セッション)
中枢神経2
Chair: 下濱 俊

  1. RotigotineによりOff時の多汗が改善したパーキンソン病の1例
    加藤 重典
  2. 多系統萎縮症患者における筋交感神経活動と年齢、罹病期間との関連性の検討
    新藤 和雅
  3. HPVワクチン接種後における自律神経障害と脳槽シンチグラフィー異常について
    平井 利明
11:50-12:50 ISAN2017/JSNR2017 ランチョンセミナー2 共催:エーザイ株式会社
Chair: 下濱 俊

レビー小体型認知症の自律神経障害
水上 勝義

13:00-15:00 ISAN2017  シンポジウム12
脳レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系の新たな知見と心血管疾患における重要な役割
Chairs: Frans Leenen
Yumei Feng
13:00-15:00 ISAN2017 シンポジウム13
疾患における神経内臓リモデリング ―ニューロモデュレーション治療へのトランスレーションの可能性
Chair: Jeffrey L. Ardell
14:30-15:00 JSNR2017 理事長講演
Chair: 髙橋 昭

脳室周囲器官調節障害症候群
黒岩 義之

15:30-17:30 ISAN2017 シンポジウム14
運動中の自律循環調節の最近の進展
Chairs: Erin Howden
Justin Lawley
15:30-17:30 ISAN2017 シンポジウム15
圧受容器反射のゲインとセットポイントの起源を特定する
Chair: John P. Horn
15:30-17:30 JSNR2017シンポジウム3
免疫性自律神経ニューロパチーの最前線
Chairs: 中根 俊成
小池 春樹

  1. 免疫性自律神経ニューロパチーの展望
    神田 隆
  2. 日本における抗自律神経節アセチルコリン受容体抗体に関連した免疫介在性ニューロパチーの研究
    中根 俊成
  3. 急性自律神経性感覚性ニューロパチー
    小池 春樹
  4. ギラン・バレー症候群における自律神経障害
    海田 賢一
15:30-17:30 JSNR2017 シンポジウム4(日本語セッション)
ストレスによる視覚に関連した自律神経系の変化
Chair: 原 直人

  1. デジタルデバイスによる視覚機能および自律神経に対する影響
    原 直人
  2. ストレス応答時の眼血流制御機構における自律神経系の役割
    長岡 泰司
  3. 三叉神経固有感覚を誘発する開瞼は、青斑核を介して、交感神経支配の汗腺と腹内側前頭前野を活性化する
    松尾 清
  4. 噛み合わせの違和感と自律神経機能
    小泉 創
  5. VRと自律神経機能
    板東 武彦
15:30-17:30 JSNR2017 シンポジウム5(日本語セッション)
消化器と自律神経
Chairs: 米田 政志
中村 正彦

  1. 過敏性腸症候群における自律神経系のストレスに関連した病態生理
    福土 審
  2. 延髄ペブチドの迷走神経を介した胃粘膜傷害保護作用
    金子 宏
  3. 自律神経系を介した中枢性Glucagon like peptide-1による消化管運動調節
    中出 幸臣
  4. Helicobacter suis長期感染モデルにおける胃MALTリンパ腫形成に対する迷走神経切除の効果
    中村 正彦
  5. 神経変性疾患の自律神経障害における消化管ホルモン
    小澤 鉄太郎

第3日:9月1日(金曜日)

8:30-9:30 ISAN2017 プレナリーレクチャー3
Edith Hamel (McGill University)
9:40-11:40 ISAN2017シンポジウム16
ヒト自律神経性心血管調節の評価: 古い質問に答えるための新しいアプローチ
Chair: Can Ozan Tan
9:40-11:40 ISAN2017 シンポジウム17
ストレスイベントに対する自律神経生理学的応答を制御する中枢回路
Chairs: Youichirou Ootsuka
Rodrigo Alvim Cunha de Menezes
9:40-11:40 JSNR2017 シンポジウム6
ヒトパピローマウィルスワクチン由来の新規視床下部症候群に関する基礎的、臨床的洞察
Chairs: 黒岩 義之
西岡 久寿樹

  1. 新規Humanpapillomavirus-associated Neuroimmunopathic Syndrome(HANS)のモデル動物の知見について
    中島 利博
  2. ヒト・パピローマウイルス・ワクチン接種後に生じた自律神経障害・内分泌障害、感覚障害、ロコモーション・運動器障害、高次脳機能障害の症状の多様性・多層性についての症候学的解析と治療
    横田 俊平
  3. ヒトパピローマウイルスワクチン接種後自律神経障害をともなう自己免疫性脳症
    髙嶋 博
  4. ヒト・パピローマウィルスワクチン関連神経免疫異常症候
    西岡 久寿樹
9:40-11:40 JSNR2017 シンポジウム7
次世代自律神経基礎研究をリードする気鋭の研究者達
Chair: 木山 博資

  1. 自律神経系の再構築に迫る
    木田 泰之
  2. 体液調節の新たな仕組みに迫る
    檜山 武史
  3. 肝―脳連関:迷走神経を介した情動行動への関与
    関口 正幸
  4. グリア細胞を基盤とする腸管神経系の発生と生理機能に迫る
    榎本 秀樹
9:40-10:40 JSNR2017  一般演題3 (日本語セッション)
末梢神経・その他1
Chair: 岩瀬 敏

  1. 日本人女性の加齢に伴う心拍変動の変化
    “エルゴメーター負荷を用いた心拍変動の測定”

    後藤 由佳
  2. 血管内皮機能と自律神経に及ぼすラジウム温泉の効果
    志村 まゆら
  3. 健康な日本人女性の睡眠の質と自律神経機能の測定
    佐藤 美樹
10:40-11:25 JSNR2017  一般演題4(日本語セッション)
末梢神経・その他2
Chair: 田村 直俊

  1. トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーにおける心血管系自律神経機能の検討
    小池 春樹
  2. 洞不全症候群を合併した Pure Autonomic Failureの検討
    杉浦 美惠子
  3. 神経調節性失神患者におけるアデニル酸シクラーゼ活性量の変化
    小見山 智義
11:50-12:50 ISAN2017/JSNR2017 ランチョンセミナー3 共催:サノフィ株式会社
Chair: 鈴木 則宏

ファブリー病:神経症状と治療
Alessandro Burlina

13:00-15:00 ISAN2017 シンポジウム18
健康と疾病におけるヒト脳血管調節の生理学的メカニズム:総合的な視点
Chairs: J. Andrew Taylor
Can Ozan Tan
13:00-15:00 ISAN2017 シンポジウム19
新しい技術により自律機能を明らかにするチャレンジ
Chairs: Yoichi Ueta
Hironobu Morita
13:00-14:00 JSNR2017 特別講演1
Chair: 黒澤 美枝子

平滑筋とその神経:形と疑問
ジョージオ ガベラ

14:00-14:45 JSNR2017 特別講演2
Chair: 黒澤 美枝子

日本での自律神経研究の歴史
間野 忠明

14:50-15:30 JSNR2017 特別講演3
Chair: 荒木 信夫

家族性アミロイドニューロパチーと自律神経障害
安東 由喜雄

15:55-17:55 ISAN2017 シンポジウム20
片頭痛および三叉神経自律神経系(TAC)における自律神経系障害
Chairs: Nobuo Araki
Hisanori Kowa
15:55-17:55 ISAN2017 シンポジウム21
神経―免疫生理と病態生理
Chairs: Makoto Kadowaki
Wouter de Jonge
15:55-17:55 JSNR2017 シンポジウム8
感覚と中枢性自律神経調節
Chairs: 荒田 晶子
加藤 総夫

  1. 咽頭-喉頭で起こる嚥下発生機構に関与する橋-延髄神経回路
    ドッチマン マチアス
  2. 結合腕傍核を起点とする線条体腹側部の機能形態学:摂食行動と味覚および内臓感覚とを結びつける神経回路
    岩井 治樹
  3. 腕傍核における発声-呼吸モードスイッチングの神経機構
    荒田 晶子
  4. 情動と呼吸リズム
    政岡 ゆり
15:55-17:55 JSNR2017 シンポジウム9(日本語セッション)
分節性/半側性多汗症:臨床的特徴と病態
Chairs: 犬飼 洋子
齋藤 博

  1. 分節性/半側性多汗の病態機序:皮膚圧‐発汗反射の生理的機序からの推定
    犬飼 洋子
  2. 異常感覚を伴う節性多汗:自律神経と感覚神経系の刺激状態
    齋藤 博
  3. 特発性分節性無汗症とharlequin症候群
    中里 良彦
  4. 胸部交感神経節切除術後の代償性発汗
    山本 英博
15:55-16:55 JSNR2017  一般演題5(日本語セッション)
基礎研究
Chair: 岡田 尚志郎

  1. 高脂肪食給餌マウスを用いたSGLT阻害薬の腸管神経障害に対する治療効果の検討
    志茂 聡
  2. CRFによる交感神経系活性化における視床下部室傍核アドレナリン受容体の役割
    山口 奈緒子
  3. トランスジェニックラットを用いた急性腎不全モデルにおける中枢でのバソプレッシン合成および自律神経系への影響の検討
    上野 啓通
  4. αシヌクレインの消化管から脳幹への伝播について
    上村 紀仁
16:55-17:55 JSNR2017  一般演題6(日本語セッション)
反射
Chair: 内田 さえ

  1. 心拍数に及ぼす直流電気鍼の効果
    玉井 清志
  2. 交感神経亢進時のヒト血圧におよぼす触刺激の影響
    有本 邦洋
  3. 麻酔ラット体表部への灸刺激が胃運動に与える影響
    成島 朋美
  4. 各屈折状態での近見反応、調節と輻湊反射の違い
    小野里 規子
18:20-20:20 ポスター発表

第4日:9月2日(土曜日)

8:30-9:30 ISAN2017 プレナリーレクチャー4
Shaun Morrison (Oregon Health and Science University)
9:40-11:40 ISAN2017 シンポジウム22
末梢セロトニン作動性受容体およびプリン作動性受容体の役割
Chairs: Miyako Takaki
Gary M. Mawe
9:40-11:40 ISAN2017 シンポジウム23 共催:エーザイ株式会社
認知症における自律神経機能障害
Chairs: Hitoshi Shimada
Shigeki Hirano
11:50-12:50 ISAN2017/JSNR2017 ランチョンセミナー4(日本語セッション) 共催:大日本住友製薬株式会社
Chair: 鈴木 正彦

パーキンソン病のクリニカルコース ―発症前から後期まで―
永山 寛

13:00-15:00 ISAN2017 シンポジウム24
感染時の発熱、神経性発熱、心因性発熱:どう違うか?
Chair: Kazuhiro Nakamura
Kiyoshi Matsumura
13:00-15:00 ISAN2017 シンポジウム25
痛みと自律神経系の相互作用
Chairs: Harumi Hotta
Mathieu Piché